to the summit

to the summit

2012年8月8日水曜日(原文のまま)

金沢に赴任が決まって、しめしめと思ったのは、北アルプスなど日本の主要な山にとりつくまでの距離が大変に短いことだ。二日休みが取れれば、小屋泊まり一泊のみで、大概の山に登ってこれる。ラボの若い人がふたりついてきてくれることになり、大変安心した心地で出かける。この年になると、どんな易しい山でも、単独行はちょっと怖い。富山から立山に行く道に途中で別れ、有料の林道を沿って渓谷深く進み、有峰湖(ダム湖)の側から登り始める。樹林帯でどんどん高度を稼ぐと、有峰湖を見下ろす斜面からは一面の高原である。太郎平で雲の平や黒部五郎に通じる道と別れ、薬師岳を目指す。薬師へと道を取る登山者は、1−2割だ。涸れ沢の登りがちょっと応えたが、登り切ると、チングルマの群生がお出迎え、写真の場所から左のピークを上り詰めると、そこからは、爽快な稜線歩きである。見渡せば、槍ヶ岳の穂先が雲間にちらり。痩せた尾根のない、ゆったりしたとした山容で、こういう稜線歩きは、ロールスロイスに乗っているような感じだ(乗ったことはないが)。その日は、山小屋泊まりとし、翌朝、3時50分に出発。この日の4時55分の日の出に間に合うように、頂上へ。えもいわれぬ時間であった。朝日に浮き上がる穂高連峰をカメラに収め、記念撮影も終え、山小屋に引き返し、朝食。あとは、来た道をひたすら引き返す。私の足は、下りにおおきな問題があり、樹林帯に戻った頃には、サポーターを装着していたにもかかわらず、うまく足をおろすことが出来なくなってきた。若い2人には、迷惑を掛けてしまった。下山後所要時間を確認すると、標準タイムよりちょっとかかっている。麓の温泉で汗を流し、大岩のお不動さんのよこの茶店で村中さんおすすめの素麺をいただく。麵は、慣れ親しんだ揖保の糸であったが、北陸らしい優しい味のだし汁が、スポーツドリンクばかり流し込まれてきた胃袋を慰めてくれた。金沢東のICを出て、やっと仕事のことが頭に浮かんだ。投稿した論文はどうなったか。明日は、痛む足を引きずってラボに行くんだ。

投稿者: 髙橋 智聡

ピアノを50年以上弾いている。芸事が大好きで、ほかに、茶道、義太夫三味線、能管、ドイツリートなどいろいろ手を出したが、すべて下手の横好きだった。西洋の古典音楽と日本の文楽をこよなく愛する。この15年ほど、夏山行にはまっているが、太ってしまったのと、まとまった時間がとれないのが悩み。金沢からなら、2−3時間もあれば、北アルプスの主要な峰々の登り口に到達する。そして、虎ファン。現、金沢大学がん進展制御研究所教授、内科医。研究の話は、HPで。 http://omb.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。